ニュース

前田志保子供は2人『連れ子が邪魔だった』和歌山市大谷火事

maedasihoニュース

和歌山県で前田翼容疑者(36)と妻の前田志保容疑者(50)が放火の疑いで逮捕されました。同居する前田しほ容疑者の20歳の息子が亡くなったとみられています。前田志保容疑者の子供について調査をしました。

前田志保子供は息子だけではなかった

前田志保容疑者の20歳の息子は、火災の時に家にいたとみられています。

14日夜、和歌山市の住宅で火事があり、焼け跡から男性1人の遺体が見つかり、この家に住む36歳の夫と50歳の妻の2人が軽いケガをしました。同居していた20歳の息子と連絡が取れていないことから、遺体は息子とみられています。

前田志保容疑者は再婚で、20歳の息子は前田翼容疑者の息子ではなく、前田しほ容疑者の連れ子。そして前田志保容疑者の子供を調べていると、5chにこんなコメントがありました。

maedasiho

連れ子2人いる50と結婚って?
報道では、前田志保容疑者の自宅には息子がいたとありましたが、前田しほ容疑者にはもう一人子供がいるのか調査しました。

前田志保子供娘は別の場所にいた

前田志保容疑者の子供を調べていると、娘がいることがわかりました。前田志保容疑者の娘は、同居しておらず別の場所に住んでいます。

前田しほ容疑者の娘は結婚しているのか何か理由があって別に住んでいたのかは分かっていません。前田志保容疑者の娘によると、前田翼容疑者との夫婦仲は良くなかったようです。

しょっちゅうけんかしてたんで、元々仲良くはなかったかな。だから結婚するのはやめろってよく言ってましたよ。
別れたいとか言うんやったら、別れたらいいやんって。一向に別れなかったんで、だからやめろって言ったやろっていうことばかり。
お母さんと翼くん(翼容疑者)がけんかしてるから、弟がイヤホンをして、上で聞きたくないって言ってイヤホンしながらゲームしてるのは知ってます。引用元:FNNオンライン

前田志保容疑者の娘は喧嘩の多さや仲の悪さに嫌気がさし、家を出て行ったのでしょうか。親の喧嘩は子供だったら見たいわけありません。前田しほ容疑者の20歳の息子の姉なので、自立して一人暮らししている可能性もあります。

前田志保容疑者の息子は、親の言い合いを聞きたくなかったから二階にいた。そしてイヤホンでゲームをしていて火事には気づかなかった。

前田志保容疑者の喧嘩が日常だったとしたら、嫌気がさし部屋に閉じこもる気持ちもわかります。前田志保容疑者は、子供がいるにもかかわらずなぜ火をつけたのでしょう。前田しほ容疑者だけでなく前田翼容疑者の真意も気になります。

前田志保と前田翼の夫婦仲

前田志保容疑者は、再婚。夫である前田翼容疑者との夫婦仲、息子への関係性はどうだったのでしょう。

お母さんは子供のために、一所懸命頑張ってたわ。
(翼容疑者は)仕事も一所懸命やし、仕事もできるし、おとなしい旦那さん。
(息子とは)仲良かったと思う、子供中心に考えてたと思うよ。いつもご飯食べに行こうって誘ったりしてたけど、子供が家で待ってるから、ご飯せなあかんからすみませんって、家で帰って3人でご飯食べる。普段はめちゃめちゃ仲いい。数カ月前には、息子と3人で旅行にも行っていたといいます。引用元:FNNオンライン

前田しほ容疑者は、普段はめちゃめちゃ仲の良い夫婦ということですが、そんな夫婦が自宅を放火などするでしょうか。前田志保容疑者の娘のコメントとあまりにも違います。

前田志保容疑者は離婚後シングルマザーになり、再婚、一見うまくいってるように見えたのかもしれません。前田しほ容疑者は自分の子供であり、愛情を注ぎます。父親も自分の子供ではないとはいえ、家族になるのなら覚悟を持って育てるはずです。

maedasiho
出典:wotopi

義理の父親が、新しい家族の中で困ってしまう、というのは十分にあり得ることで驚くことではありません。いずれにせ、義理の両親の立ち位置というのはストレスフルな問題です。特に、義理の父親となる人は特に自分の立ち位置を見つけるのに苦労するものです。

前田翼容疑者は、おとなしい旦那さんと言われていますが、外では仕事をしっかりする子供中心で文句も言わない父親を演じていたのかもしれません。でも、子供が大きいとはいえ前田志保容疑者と連れ子再婚の生活に相当なストレスもあったのでしょう。

夫の前田翼容疑者は36歳、年上の妻前田しほ容疑者に対して甘えたい、構って欲しい、自分を中心に見て欲しいという気持ちがあったのかもしれません。前田志保容疑者が息子に愛情を注ぐ分、自分にも注いで欲しいと嫉妬していた可能性もあります。

前田志保と前田翼顔画像

maedasiho

報道された前田志保容疑者と前田翼容疑者の顔画像です。14歳差の再婚夫婦。写真で見る限り、夫婦というより前田翼容疑者がかなり若く見えるため、前田しほ容疑者の息子にも見えます。

前田志保容疑者と前田翼容疑者の年齢差が一回り以上あれば、価値観もかなり違うでしょう。普通は、年上の前田志保容疑者が一歩引いてケンカにならずに済むこともあるはずです。

にもかかわらず、喧嘩が絶えず仲が悪いとなると子供のことでケンカしていた可能性もあります。子供が2人いるのを承知で結婚した前田翼容疑者ですが、前田志保容疑者の子供への愛情が許せなかったのかもしれません。

前田志保と前田翼の不可解な行動

前田志保容疑者は、息子が自宅で寝ているのにもかかわらず、放火。前田翼容疑者は灯油をまいたこと、前田志保容疑者は火をつけたことを認めています。

そもそも、灯油に火をつけたら火事になることは大人なら考えなくても分かることです。前田志保容疑者の行動について調べていると、5chにこんなコメントがありました。

maedasiho

いくつになっても連れ子は邪魔あつかい

maedasiho

子◯しを誤魔化したか

maedasiho

これふじのワイドショーで殺人での立件も視野に捜査してると言ってた 娘のインタビューも殺人について言及してた(お母さんがするはずがない、みたいな)もしかしてケンカして火をつけたと口裏合わせてるんじゃないのかな
前田志保容疑者は、仲が悪く喧嘩を繰り返していにもかかわらず、前田翼容疑者と別れなかった。それは前田翼容疑者への愛情だったのか。
前田志保容疑者は、息子以上に前田翼容疑者を大切に思ってしまったのかはわかりません。子連れ再婚は、相手も子供のことも必要以上に考えなくてはいけない部分があります。
最終的にどちらかを取るなんてことはできませんが、人によっては選ばざるえないこともある。前田志保容疑者が選択したのかはわかりませんが、最悪な結果になったことは間違いありません。

 

 

 

waco通信 

コメント

タイトルとURLをコピーしました