ニュース

ツイッター社員大量解雇と長時間労働 | マスク氏のメールから分かったこと

twitterニュース

twitter社のイーロンマスク氏が、社員に対して最後通告のメールを送りました。その内容が、『長時間集中的働く』or 『手当をもらって退職』のどちらか。

厳しい内容に見える長時間労働はどのぐらいなのか、twitter社員に送られてきたメール内容などを参考に調べました。

田中信人Twitter垢は『ウェブテスト代行』信頼度上げて依頼殺到

藤本タツキtwitter開設でバレた過去アカウント『ながやまこはる』その理由とあらすじ

ツイッター社員の長時間労働は最低40時間

イーロン・マスク氏が11月上旬にリモートワークを許可しない内容のメールを社員に出しました。

  • イーロン・マスクがツイッター社のリモートワークに終止符を打った。
  • 彼はスタッフにメールを送り、少なくとも週に40時間はオフィスに戻るよう伝えた。
  • また、彼はそのメールの中で、「前途は多難だ」とスタッフに伝えている。

イーロン・マスク(Elon Musk)がツイッター(Twitter)でのリモートワークの終了を従業員に通知した。

引用元:BUSINESS INSIDER

そもそも、週40時間でオフィスで就業となると、週5日の1日8時間勤務。正直、これは長時間勤務とは言い難いですが、もともとtwitter社員自体はリモートワークでかなり短時間勤務だった模様。

twitter

Twitter社の従業員の半分が解雇されたの、気の毒だなと同情したけど、イーロン・マスクさんが来る以前は福利厚生があまりに充実しすぎて、会社でヨガや日光浴やお酒を飲んだりして、実際の仕事は週に4時間くらいで、ほとんど働いてなかったのではないか説を聞いて、それが本当ならクビにもなるよね….

リモートワークもできて、自分の時間を取れて、週に4時間くらいの就労。それに比べたら週5日勤務の1日8時間労働は長時間労働なのかもしれません。日本の企業では考えられない働き方です。

一方で、一部のツイッター社員には週84時間働くように指示したという報道もありました。

週84時間労働 米CNBCは、ツイッターの管理職はマスク氏の厳しい締め切り(ツイッターのシステムを変更する期限)を守るため、一部の社員に1日12時間、週7日働くよう指示したと報道。
参照元:ニコニコニュース

1日12時間、週7日はかなりの激務、まさに長時間労働です。ツイッター社員全員ではないので、部署などによって労働時間が違うのかもしれません。

ツイッター社員の長時間労働を求めるマスク氏のメール内容

twitter社員に突如送られたイーロン・マスク氏からのメールは、恐ろしいタイトルの『分かれ道』2択のどちらかを選択しなさいという内容。

twitter

別れ道 今後、画期的なTwitter2.0を構築し、ますます激化する競争の中で成功するためには、極めてハードコアであることが必要です。つまり、長時間、高い集中力で働くということです。例外的なパフォーマンスだけが合格点となるのです。また、Twitterはよりエンジニアリングを重視したものになります。デザインと、プロダクトマネジメントは依然として重要で、私の直属の部下になりますが、優れたコードを書く人がチーム大部分を占め、大きな影響力を持つことになります。Twitterの本質はソフトウェアとサーバーの会社ですから、これは理にかなっていると思います。新しいTwitterの一員になりたいと確信された方は、以下のリンクから『はい』をクリックしてください。

フォーム.gle

明日(木曜)午後5時(東部標準時)までに、Yesをクリックしない人には、3ヶ月分の退職金が支払われます。 どのような決断を下すにしても、Twitterを成功させるための努力に感謝します。Twitterの成功のために尽力いただき、ありがとうございました。イーロン

ツイッター社員がこのメール内容を見て考えられる期間は、明日までと短い時間。しかも、Yesをクリックするかしないか、人生の岐路に立たされるわけです。

このメールで、どれぐらいの人数が退職するかはわかりません。ただ、Twitter社は、11月初旬に解雇をしたにも関わらず、呼び戻している社員がいることも判明。

米Twitterが、11月4日(現地時間)の人員削減策で解雇した従業員の一部に対し、会社に戻るよう要請していると、Bloombergが7日に報じた。新機能の開発に必要な人員などを誤って解雇していた可能性がある。

引用元:ITmedia NEWS

実際twitter社の大量解雇は行われている中で、twitterが問題なく稼働しているのも事実。赤字により人員削減をするのは、仕方がないこと。

<追記>TwitterJapanにもメールが来ていた

アメリカだけの話だけではありませんでした。実は解雇メールはTwitterJapan(ツイッタージャパン)にも届いていました。

大量解雇は日本法人でも。

「4日午前9時頃に解雇が行われると通知されました。買収前から報道で大量解雇があると聞いており、覚悟はしていた。規模の問題だと思っていたのですが」(日本法人社員)

引用元:文集オンライン

日本では考えられない解雇のやり方、でもアメリカや海外では当たり前。会社に属していても、フリーランスのようにどこでも働けるような体制を自分自身で作ること。こうしてアメリカなどでは次の会社へと行くのでしょう。

ただ、twitterjapanに届いたメールはの内容は人によって変わっていたようです。

「雇用を継続する社員には『解雇の対象ではない』とあり、解雇される社員は私用メールで言い渡されました。差出人の名前もなく、文面の末尾には『ツイッター』とだけ書かれていたそう。広報やマーケティング部門の社員が対象です。リストラされた社員はオフィスに入れず締め出し状態に。社内の私物は、後ほど担当者が郵送すると。人員整理は必要だがこのやり方は間違っている」

引用元:文春オンライン

メールには、差出人の名前なし、文面最後にはツイッターと書かれていた。

・雇用継続の社員=解雇対象でないと記載される
・解雇される社員=広報やマーケティング部門の社員

リストラ社員は、すぐにもオフィスから追い出される始末。社内の荷物は郵便で送られる。この一連の流れは、アメリカドラマでも見たことがある。

日本でもこんなことが起こるのかと、少しびっくりしますが外資系会社の報酬の高さを考えたら必要のない社員は即刻クビということでしょう。

<追記>twitter社員解雇について質問!イーロン•マスク氏から返信

日本から週刊文春がメールで質問すると、しっかりと返信が来たようです。

twitter

引用元:文春オンライン

そうでなかったらよかったのですが、Twitter は破産せずに多くの従業員を維持することはできません。損失額は現在、1 日あたり400 万ドルを超えています。広告収入は大幅に減少しています。
他にも、現在も広告収入は下がり続けている、社員数は前年比で約2倍、ユーザーの課金を増やす事との内容。

2021年11月に就任したTwitterJapan代表取締役の永妻玲子氏。前職は、日本マイクロソフト→アマゾンジャパンでセラーサービス事業本部 事業本部長と華麗な経歴。

1年前にTwitterJapanでは初の女性社長と話題になったが、イーロン・マスク氏の就任で日本も大きく変わりそうだ。

ツイッター社員の給与や社員による評価は?

大量解雇や長時間労働を求められているツイッター社員ですが、給与はどれぐらいもらっているのでしょうか。

求人会社オープンワークによると、Twitter Japan(株)の平均年収は900万〜1,800万と幅はありますが、かなりの高収入です。口コミを見ても、高い方だと思うという意見。

インターネット業界でtwitter社の給与はかなり高額。そして社員による総合評価もかなり良いです。

twitter

待遇面の満足度や、社員の士気が高く風通しもいい。残業は20時間ほどとそこまで多くなく、有給消化率75%と、良い部分しかありません。

しかし、イーロン・マスク氏がtwitterを買収してから数週間、解雇や就業時間の変更など日々変動しています。経営者として、会社の赤字を考えたら仕方のないこと。

ツイッター社前CEOが解雇についてツイート

ツイッター設立者でもある前CEOのジャック・ドーシー氏がツイートをしている内容がこちら。

多くの解雇された人が、私に腹を立てていることに気づいた。こんな風になってしまったのは、私の責任。会社の規模が急拡大してしまったからだ。申し訳ない。
創立者でもあるジャック氏からしたら、心を痛めながら日々のニュースを見ていたことでしょう。ただ、現在CEOのイーロンマスク氏の経営手腕は間違いないもの。目まぐるしい経営改革をするマスク氏の行動から目が離せません。
waco通信 

コメント

タイトルとURLをコピーしました