ニュース

川崎市宮前区強盗犯人は外国人か『顔の見えない男たち』

miyamaekuhanninニュース

川崎市宮前区の民家に男3人が押し入り70代の女性にけがを負わせた強盗傷害事件。犯人は逃走し、未だ見つかっていません。川崎市宮前区の強盗事件の犯人について調査をしました。

中桐海知(かいち)生い立ち『ギャンブルで人生狂った』自衛官強盗致傷事件

渡辺優樹生い立ち『家族思いのグッドガイ』ルフィ強盗事件

渡辺優樹と兼近の共犯はデマ『芸人仲間にハメられた』強盗事件

川崎市宮前区の強盗事件犯人は顔を隠している

川崎市宮前区の強盗事件犯人は、逃走中で未だ捕まっていません。どんな人物だったのか調べてみると、報道されている情報は、20代くらいで日本人とみられる。そして顔を隠している、とのことでした。

逃げた男らは20代くらいの日本人とみられ、顔を隠していたということです。引用元:yahooニュース

日本人とみられというのが気になります。そして顔を隠していたということ。

男3人組は20代ぐらいとみられ、1人は黒色の帽子と上着を着ていたという。引用元:神奈川新聞

川崎市宮前区の強盗事件の犯人について、他の情報では日本人との記載はなく20代くらい、1人は黒色の帽子と上着という特徴。

他にも川崎市宮前区の強盗事件の犯人について、近所の人の防犯カメラに写っていたのはマスクをしていたとのこと。犯人について、情報をまとめて見ると、

・20代ぐらい
・顔を隠していた
・1人は黒色の帽子と上着を着ていた
・マスクをしていた

ということ。川崎市宮前区の強盗事件の犯人は、顔を隠したり帽子をかぶってマスクをする、もしかしたら顔自体がはっきり見えなかったのかもしれません。twitterにはこんなコメントがありました。

miyamaekuhannin

>逃げた男らは20代くらいの日本人とみられ ってどういう意味だろう。日本語話者だったって事?バイアスかけないでくれるかな。

川崎市宮前区の強盗事件の犯人をわざわざ日本人とみられると書くのは、可能性があるという事。日本人という判断が明らかでないと取ることができます。見た感じが日本人ぽかったのか、体型が日本人だったのか。見る人の経験から判断している部分があります。

しかも顔を隠している状態で日本人とみられるということは、日本語を話していた可能性が高いです。川崎市宮前区の強盗事件の犯人は、会話をしていたのでしょうか。実際に、『息子から多額の現金が入ったはずだ』と70代の女性に言ったのこと。

警察によりますと、3人は押し入った際、「息子から多額の現金が入ったはずだ」などと脅し、女性が「人違いだ」と否定しても聞き入れなかったということです。引用元:NHKニュース

川崎市宮前区の強盗事件の犯人に対して女性が『人違いだ』と否定しても聞き入れなかった、というのはいくら言っても理解して聞く耳を持たなかったのか。必要最低限の日本語だけを理解し、他の日本語がよく分からず通じなかったのか。

川崎市宮前区の強盗事件犯人は外国人か

川崎市宮前区の強盗事件の犯人について調査を続けていると、匿名掲示板5chにこんなコメントがありました。

miyamaekuhannin08

完璧な日本語だったらしいな やっぱ犯人は〇〇〇〇かもな 日本人では無さそうだ

miyamaekuhannin

また朝鮮◯かよ
miyamaekuhannin
犯人はほぼグ◯ンかキム
グ◯ンという言葉を調べると、ベトナム人の総称として使われることが多いようですが、差別用語になります。匿名の掲示板のコメントなので、確証はありません。
ただ、川崎市宮前区の強盗事件について、なぜ外国人というコメントあるのか調べて見ると、川崎市という土地柄が関係。
川崎市の外国人の人口は、全国の中でもかなり多い地域です。その理由は、川崎自体が工業地域として発展をしていったため、外国人労働者も増加しました。もちろん、人口が増えただけでは問題にはなりません。
ただ、川崎市は全国の中でも人口密度が高い地域2位、神奈川県の中で人口密度でいうと1位、そして犯罪率の高さは横浜市に次ぐ2位。
miyamaekuhannin
世の中善人だけではないので、人口が増えた分犯罪件数も上がってしまいます。
川崎市川崎区には、コリアンタウンと言われる日本に住んでいる韓国や朝鮮の人が多く住んでいる場所です。ただ川崎市の中でも、南側の川崎区は工場地帯、風俗店が多く、競馬場があることもあり治安はあまり良くないと言われています。
ただ、今回の川崎市宮前区の強盗事件の犯人は捕まっていないので、どんな人物がはっきりとした詳細が不明です。

川崎市であった外国人の事件

2022年9月に川崎市で外国人同士の事件がありました。

川崎市川崎区の路上で9月中旬、ベトナム国籍の男性が刺殺された事件で、神奈川県警は7日、同国籍の東京都町田市鶴間、会社員レ・バン・ティエン容疑者(25)を殺人容疑で再逮捕した。調べに対し、黙秘している。引用元:読売新聞オンライン

つい最近の事件でもあることから、印象に残っている人たちも多いかもしれません。

川崎市宮前区強盗ハンマー男事件の次の日に栃木県足利で似ている事件が起きる

【川崎市宮前区強盗ハンマー男事件の詳細】

・1月9日午前3時ごろに川崎市宮前区の民家に男3人の強盗が入る。
・この家に住む70代女性の就寝中だった。
・男ら3人は「息子から金が入っただろ」と話し、女性の手足を縛り左手をハンマーらしきもので暴行。
・ハンマー男たち3人は現金や貴金属など奪って逃走。
・70代女性は手の指に怪我をして、病院へ搬送。命に別条はない。
・ハンマー男たちは20代男性(1人は黒色の帽子と上着)
・男たちのお金の話に、女性は『人違いだ』と言っても聞き入れなかった。
・警察は強盗傷害事件として行方を捜査中。

1月10日に栃木県足利市の民家が強盗に入られました。その際に、鈍器のようなもので殴られたとのことです。

miyamaekuhannin

(出典:下野新聞)

栃木県足利市では、鈍器のようなもので殴られ手足を粘着テープで縛られたとのこと。就寝中の事件、複数人というのは今回の川崎市宮前区の強盗傷害事件とかなり似ている点があります。

他のニュースでは、被害者の人が『男に殴られた』と言っているので、男性複数人の犯行であることがわかりました。鈍器というのがハンマーだとしたら、川崎市宮前区の強盗傷害犯人とほぼ同じではないでしょうか。

<追記>鈍器がハンマーの可能性があることわかりました。

miyamaekuhannin

栃木県足利市の強盗事件も犯人は捕まっていません。もし、同一犯だとすると神奈川県から栃木県に簡単に移動ができたのでしょうか。今は家だけでなく道路にも防犯カメラが多く、その映像から犯人が捕まることが多いです。

今回の川崎市宮前区の強盗犯人の移動手段は、電車やバスなどの公共機関を使ったのならすぐに分かるはず。車で移動した可能性が高いです。そう思うと、いつどこに現れるかわかりません。一刻も早い逮捕を願います。

川崎市宮前区強盗場所は鷺沼『閑静な住宅街にハンマー男』

waco通信 

コメント

タイトルとURLをコピーしました