ニュース

江南厚生病院の女性研修医が米山はデマ『研修期間は終了』救急車プライベートに利用

konankouseiニュース

江南厚生病院の20代女性研修医が友人との食事のために、同乗していた救急車を駅へ送らせていた事がわかりました。この江南厚生病院の20代女性医師について調査をしました。

江南厚生病院の20代女性研修医が米山はデマ

江南厚生病院の20代女性研修医を調べていると5chで度々目にする名前がありました。

kensjui

Googleサジェストは、すでに米山という女研修医を掲示 俺は知らん Googleなww まあ見てくれ 問題の江南厚生病院の研修医のページ

konankousei

心技体三拍子揃った名医 米山

実際に、女性研修医の名前があるかどうかgoogleで検索し、サジェストキーワードを調べて見ました。

konankosei

江南 厚生 病院 研修 医 米山   女性 研修 医 特定  救急車 研修医誰

そして江南厚生病院のホームページを確認してみると、女性研修医の名前がありました。研修医のコメントとして紹介されています。そして令和3年当時で2年次となっています。

jyoseikenshui

江南厚生病院のHPで研修医に関する情報を確認していると研修医は2年と記載があります。

kenshui

初期研修求人情報ー2年の研修期間を通して行う緊急外来での研修と各診療科でのローテート研修が研修活動の両論となっているー

女性研修医は令和3年当時で2年次とあるので、令和4年現在は研修医ではないですね。通常は令和4年3月には研修医期間は終了しているはずです。

江南厚生病院のホームページの女性研修医が1人だけ掲載されていた事で広がってしまったのでしょう。せめてホームページには、現在研修医ではないということを記載しないとまた誤解を招くことにもなりそうです。

女医の人は先輩としてこれからの研修医のためにコメントを残したにも関わらず、よくないニュースで取り上げられてしまう。こんな使われ方は、不本意だったに違いありません。

江南厚生病院20代女性研修医は9人の内の1人

江南厚生病院の20代女性研修医について調べていると、江南厚生病院のホームページには、研修医採用人数が載っていました。

konankosei

採用人数 2022年度 男8名 女5名 2021年度 男9名 女4名
研修医が2年間となっているので、2021年度、2022年度の採用された研修医になります。救急車を私用に使った女性研修医は9名の中の1人だと思われます。

【追記】江南厚生病院は女性研修医の名前は非公表

今回の女性研修医が救急車をプライベートで使用したことでニュースになり、名前などを公表していない事で違う人の名前が広がっている現状。

江南厚生病院は、今の所女性研修医の名前等は発表していません。そのせいで、誤解を招く事が起こってしまっています。匿名の掲示板にはこんなコメントがありました。

kenshui

早く顔写真と名前出さないと、同僚が疑われて第二の被害者が出るよ。

まさに、公表しないからこそ憶測で先に進んでしまっています。真面目に研修医として取り組んでいる人たちが多い中、こう言ったニュースで色眼鏡で見られてしまう研修医がいるのは心が痛みます。

江南厚生病院20代女性研修医が救急車をタクシー利用した訳

20代の女性研修医は、救急車で送り届けて欲しいと救急隊に依頼し拒否されるものの、女性研修医の上司の許可を得ていると言い、無理やり送らせたような内容。

搬送後の帰路途中だった午後6時40分ごろ、研修医から、名古屋市内の名古屋駅や伏見駅で降ろしてほしい旨の打診が救急隊にあった。救急隊は「困難です」と拒否したが、研修医は「(帰路近くの)藤が丘駅ならばどうか。上長(上司に当たる医師)から許可は得ている」とさらに求めた。病院への帰路から数百メートルしか離れていないこともあり、救急隊は渋々送り届けたという。病院側の聞き取りに研修医は、プライベートで友人と食事に行く予定で「救急隊には快諾してもらった」と話しているという。上司に当たる医師は事前に研修医に対し、勤務時間外だったことも考慮し、途中下車について「可能な範囲で途中下車できるかどうか救急隊に聞いてみては」と話したという。市消防本部は「私用での途中下車は想定していない」としている。病院の担当者は取材に「問題かどうかは、病院ではなく消防側が判断すること」とした上で「市との見解に食い違いもあり、対応は今後検討したい」と話している。引用元:毎日新聞

そもそも名古屋市消防本部と病院側の考え方が一致していません。

・名古屋市の消防本部=私用での途中下車は想定していない。
・病院側=問題かどうかは、病院ではなく消防側が判断する事。

お互いまるで自分たちのところには非がない、とでも言っているようです。搬送した病院は愛知医科大学病院、そこから藤が丘駅までは徒歩40分ほど。

konankousei

救急隊の帰路から数百メートル離れていた藤が丘駅に送りました。はじめに、かなり距離の遠い名古屋駅や伏見駅で降ろして欲しいと言っている時点で私用で使う気があったのでしょう。

友人との食事へそのまま行けるように、服装も着替えて救急車に乗車し、そのまま近くの駅まで送ってもらおう、みたいな感じですね。まあ、途中ちょっと寄り道して駅ならOKかなと軽い気持ちから頼んだのかもしれません。

江南厚生病院病院長の謝罪文”救急隊とは合意の上”研修医だけではない

12月22日に江南厚生病院の病院長がホームページに謝罪文を出しました。その内容がこちら。

当院研修医の救急搬送帰路上の途中降車について このたびは、当院の救急車利用に関する対応が報道各社にて報道されたことにより、地域住民の皆様はじめ関係各所の皆さまには多大なご心配とご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。報道された内容につきまして、院内にて事実確認を行ったところ、12 月 16 日 18 時 40 分ごろ、当院研修医が愛知医科大学病院への患者の救急搬送に同乗し、搬送終了後、救急 車で帰還途中に搬送先病院の最寄り駅である地下鉄藤が丘駅で下車した事実が確認されました。 当人としては、あくまで帰還の経路上での降車であり、私的な救急車利用といった認識 は持っておりませんでした。 報道では、降車場所として名古屋駅や伏見駅を指定し打診したとありますが、当人とし ては当初から帰路上の地下鉄東山線沿線の駅での降車を打診したものであり、帰路車中の 救急隊員との会話の中で、今からの行き先を尋ねられたことに対し「伏見」と答えたもの です。救急隊に要求したという認識はなく、救急活動に支障のない範囲での対応を打診し、 救急隊と合意のうえでの行動であったとの認識です。 しかしながら、搬送帰路途上の最寄り駅で途中下車したことは事実であり、当院として は、私的な目的での利用にあたる行動であったと認識しており、このことは深く反省すべ きと思っております。 今回の件につきましては、救急隊の好意に甘えた不適切な行動であり、病院として深く お詫びするとともに、今後このようなことが起きないよう職員教育を徹底してまいります。 どうぞご理解賜りますようお願い申し上げます   令和 4 年 12 月 22 日   江南厚生病院 病院長 河野 彰夫 引用元:江南厚生病院HP(PDFより)

病院側が20代女性研修医に事実確認をしたとのことで、わかったこと。

20代女性研修医は、
・帰還経路上の降車のため私的な救急車利用認識なし
・帰路上の駅で降車を打診
・帰路の車中で救急隊員会話で行き先を尋ねられられる
・『伏見』と答える
・救急隊に要求した認識はない
・救急活動に支障ない範囲で打診
・救急隊と合意のうえの行動
・病院側は私的利用の行動と認識
・深く反省
・救急隊の好意に甘えた不適切な行動

と、20代女性研修医は、はじめに私用目的ではなかったということから今回の救急車タクシー利用となってしまったのでしょう。そして、救急隊と合意の上の行動。

報道では、はじめ救急隊は拒否したとあったので最終的にはお互いの合意で、ということになったのですね。

 

waco通信 

コメント

タイトルとURLをコピーしました