ニュース

箱根駅伝2023のAI予想がやばい『未知の領域に入っちゃった』

hakoneekidenニュース

箱根駅伝の2023が往路が1月2日にスタート!今年は史上最高とも言われる箱根駅伝2023ですが、AI予想が前人未到。まさかのタイムにビックリです。順位とともに詳しく見ていきます。

箱根駅伝2023のAI予想が未知の領域に

箱根駅伝で活躍された方達が2023年の順位予想をしている中、AIによる予想動画がアップされていました。

その順位予想によると、

1位 駒澤大学
2位 青山学院大学
3位 國學院大学
4位 順天堂大学
5位 中央大学
6位 創価大学
7位 東洋大学
8位 東京国際大学
9位 明治大学
10位  東海大学

やはり1位〜3位までは優勝候補でもある駒澤大学、青山学院大学、國學院大学。しかも、そのタイムまでもがAIによって予想されていました。

1位 駒澤大学 10:39:58
2位 青山学院大学 10:43:07
3位 國學院大学 10:44:56
4位 順天堂大学 10:45:43
5位 中央大学  10:45:52
6位 創価大学 10:46:57

よくよく見ると、1位の駒澤大学10時間39分58秒!箱根駅伝で10時間40分をきるのは未知の領域なはず!!

箱根駅伝の歴代の総合記録を見ても、10時間40分を切れることなんてないのです。

hakoneekiden

98回 2022年 青山学院大学 10時間43分42秒 97回 2021年 駒沢大学  10時間56分4秒

hakoneekiden

96回 2020年 青山学院大学  10時間45分23秒  95回 2019年 東海大学  10時間52分9秒

hakoneekiden

94回 2018年 青山学院大学 10時間57分39秒 93回 2017年 青山学院大学 11時間4分10秒

まさかのAIによる記録更新にはビックリです。この箱根駅伝2023AI動画を作成している人は、

・FLand-Ale日本世界地図アプリを制作
・駅伝・マラソン・旧街道の各種オンライン地図に展開
・現在YoutubeにてAIによる駅伝の順位予想、3D地図、鉄道信号系などの活動

駅伝の動画も数多くyoutubeで上がっています。ただ歴代の総合記録を見ても10時間40分を切ることはかなり難しいです。

しかも、この4年間の箱根駅伝の総合記録を振り返ると、2019年10時間50分台→2020年10時間40分台→2021年10時間50分台→2022年10時間40分台と、交互に40分台と50分台になっています。

そうなると2023年は10時間50分台の可能性が出てきます。もちろん、箱根駅伝2023年AI動画のように前代未聞の記録が出たら嬉しいですね。

この箱根駅伝2023AI予想動画を作っている方は、箱根駅伝2022もAI予想動画をアップしています。シュールな動きがおもしろかわいくクセになる動画です。

箱根駅伝2023のAI予想と3代目山の神予想を比較

大学3年生の時に箱根駅伝往路5区区間新記録を出した、“3代目山の神”神野大地さんのyoutubeでも箱根駅伝2023の順位予想がされていました。

1位 青山学院大学
2位 國學院大学
3位 駒沢大学
4位 中央大学
5位 創価大学
6位 順天堂大学
7位 東洋大学
8位 早稲田大学
9位 法政大学
10位  東京国際大学

神野大地さんの箱根駅伝2023年順位予想とAI予想の1~3位の順位が違いますが、同じ大学が入っています。

AI予想
1位 駒沢大学
2位 青山学院大学
3位 國學院大学
神野さん予想
1位 青山学院大学
2位 國學院大学
3位 駒沢大学
間違いなく青学、國學院、駒沢は優勝争いになりますね。しかも、驚きなのが4位〜6位も順位が違えど同じ大学が選ばれています。
AI予想
4位 順天堂大学
5位 中央大学
6位 創価大学
神野さん予想
4位 中央大学
5位 創価大学
6位 順天堂大学
箱根駅伝2023のAI予想の総合記録を見ると10時間39~46分台の6校が接戦です。この6強は、順位とタイム共に目が離せません。
神野大地さんが1位に青山学院大学を選んでいるのは、もちろん母校だからというのはありますね。でも、確実に実力のある選手が多いのは事実。優勝候補で間違いないです。
箱根駅伝2023AI予想の動画は、音声ソフトの声なので苦手な人がいるかもしれません。神野大地さんは解説も分かりやすく聞き取りやすいです。

【追記】箱根駅伝2023『往路は駒沢優勝』AI予想タイムが変わる

箱根駅伝2023の往路が駒沢大学優勝で、AI予想タイムが変更になりました。最新の最新順位の事前予想タイムは、

1位 駒澤大学 10:43:22
2位 中央大学 10:45:27
3位 青山学院大学 10:45:44
4位 國學院大学 10:47:39
5位 順天堂大学  10:48:14
6位 創価大学 10:49:31

6位までの順位は、中央大学がググッと上げて当初予想順位5位→2位に上がりました!予想タイムは、全体的に時間がプラスされています。箱根駅伝2023復路のタイム次第で、10時間40秒を切って未知の領域へ行く可能性も。

箱根駅伝2023年シード権争いが熱い

箱根駅伝2023年は優勝候補だけでなく、翌年の箱根駅伝に出場できる権利があるシード権争いがあります。

総合成績上位10校なのですが、この戦いが年々熱くなっています。箱根駅伝の上位を予想するよりも、シード権争いの予想合戦が白熱。

hakoneekiden

シード有力 早稲田、城西 シード争い 法政、東洋、明治、山梨、大東、東国、日体、帝京 記念参加 東海、専修、国士舘、立教
hakoneekiden
東海大学はシード絡む可能性がある ないのは立教だけ
hakoneekiden
山梨、日体、専修がシード争い(13位前後)に入ることはないと言い切っているので、入ったら分析力がないということですね
箱根駅伝2023のシード権争いに関しては、AI予想も神野大地さん予想でもバラツキがあるので何とも言えませんね。シード権争いはわからないことが多いからこそ、予想することに熱が入ってしまうのかもしれません。
箱根駅伝では、番狂わせで優勝候補に名前が挙がっていない大学が優勝した年もありました。往路、復路で脱落する大学があると、順位がガラッと変わります。運も実力のうちとはいうものの、大学生ランナーたちの二日間の走りには目が離せません。

【追記】箱根駅伝2023年往路タイム差からシード権予想

箱根駅伝2023年の往路順位と速報値が公式twitterに掲載されました。

hakoneekiden

第99回箱根駅伝往路 順位速報
1位 駒沢大学
2位 中央大学 +31秒差
3位 青山学院大学 +2分03秒差
4位 國學院大学 +4分01秒差
5位 早稲田大学 +4分24秒差
※タイムは速報値です。
hakoneekiden
6位 順天堂大学 +4分31秒差
7位 東京国際大学 +4分40秒差
8位 法政大学 +5分44秒差
9位 城西大学 +5分58秒差
10位 創価大学 +6分06秒差
11位 東洋大学 +7分33秒差
12位 明治大学 +8分20秒差
13位 東海大学 +8分31秒差
14位 帝京大学 +9分11秒差
15位 国士舘大学 +10分07秒差
上位の駒沢、中央、青山学院は激戦。特に青山学院大学が5区までは順調だったものの6区で変更があり、結果2分03秒差に。2分という差があるものの、まだまだ巻き返しはできるはずです。
そして、シード権争いはかなり混戦するのではないかという予想です。2022年には、まさかという最後の最後にドラマがありました。

東海大はゴールまで1キロを切ったシード権確保目前で、法大に抜かれ総合11位に転落。14年90回大会以来8年ぶりにシード権を逃した。往路10位から、一時は8位にまで順位を上げた。しかし、最終10区の吉富が、最後、ふらふらになり区間19位と大失速。来年は予選からの挑戦が決まった。一方で法大は、川上の力走で10位に滑り込んだ。引用元:日刊スポーツ

箱根駅伝2022の往路では法政大学は13位とシード権に入るのは、かなり厳しい状況でしたが、最終の10区で劇的にシード権内の10位に滑り込み。
箱根駅伝2023では、8位法政大〜11位東洋大までは約2分差あります。箱根駅伝ではメンバーの変更や、アクシデントもあり毎回何が起こるかわかりません。シード権争いは白熱すること間違いないでしょう。
waco通信 

コメント

タイトルとURLをコピーしました