事件

寺内進母親『まるで他人事の不安定さ』福岡博多駅殺人事件

terauchisusumu事件

福岡市のJR博多駅近くで川野美樹さんが刺された殺人事件で、寺内進容疑者がを殺人容疑で逮捕されました。寺内進容疑者の母親がインタビューに答え、寺内進容疑者について幼い頃のことなどがわかってきました。

川野美樹さん勤務先はエステサロン『代表として美しさは必須』

寺内進インスタ・facebook・twitter『嫉妬深さが怖い』

【追記】寺内進家族は3人評判は良くなかった

寺内進容疑者は幼少期は家族と大阪府福島区の父親の会社社宅で過ごしていた。寺内進容疑者の父親は、運送会社に勤めていた父親は高給だったのか裕福な生活をしていたようです。

寺内進容疑者の父親は息子とは違い、見た目もまともでトラブルがあっても、寺内進容疑者の父親が謝るなど、しっかりした父親だったよう。

一方で、お母さんは金髪でド派手な服を着るようなすごく若い女性。ツンツンしていて感じが悪く、うちの息子が寺内君の家に遊びに行った時も『挨拶をしてくれない』と話していました。ですからママ友の間では寺内君の家の評判は良くなかったですね」引用元:集英社オンライン

寺内進容疑者の母親は、寺内進容疑者に通じる金髪に派手な服。そして若い女性とあるので、10代後半〜20代前半に寺内進容疑者を出産したのでしょう。

若かったせいなのか周りのママ友とも上手く接することができなかったようです。どこかに線を引いてしまい、寺内進容疑者の母親はコミニケーションを取ることができず孤立していったのかもしれません。

terauchisusumuhaha

寺内進容疑者は年齢が上がるにつれて、友達との関係も悪くなっていったという。遊んでいたカードゲームをしていると、寺内進容疑者がいるときにカードが無くなるということが多発。

裕福な家庭で育った寺内進容疑者は、なぜ友人のカードを盗むなどをしていたのでしょうか。小学校高学年のちょっと悪いことをしてみたかった、というイタズラならまだしも、今回の事件を考えると違う側面がある可能性も。

【追記】寺内進家族は息子の凶暴化を止められなかった

寺内進容疑者が中学になってからさらに悪質な行動が。寺内進容疑者の同級生の母親のコメントがありました。

「淀川の河川敷で男女10人で酒盛りパーティーをして、テンションが上がったのか不良仲間とチェーンなどの武器を持って他校に殴り込みに行こうとしたところを補導されたことがありました。さらにその3日後には教室で友達同士と歌を歌って盛り上がっていた息子が『ただ気に食わなかったから』というだけで殴られて……。引用元:集英社オンライン

寺内進容疑者は、中学生にもかかわらず酒盛りパーティー。不良仲間たちの関わりも増えていったようです。このころから、危険な武器などを持って他人に怪我をさせようとしていた。

気の短い性格の寺内進容疑者は、クラスの同級生にも”気にくわない”という理由だけで殴打。あまりにも非常で身勝手な行為。

先生を殴ったりお金を巻き上げるなど、寺内進容疑者は暴力だけでなく、恐喝まがいの行動も。警察沙汰になることもあり保護、更生施設などにも入っていたようです。

寺内進容疑者は中学卒業後、高校へ入学したものの中退。新聞に載るような事件も起こしていたという。寺内進容疑者の家族は、ここまでの道のりを考えると何かしら対処はしていたのでしょう。

一人っ子の寺内進容疑者。親からしてみれば可愛い我が子です。何か問題があれば謝罪へ、しかし息子の行動は悪化するばかりで寺内進容疑者を真っ当な道に向かわせることができなかった。

それが裕福な家庭で育ちわがままになってしまったから、寺内進容疑者の母親がコミニケーションが苦手で寺内家自体が孤立してしまったからなのか。

寺内進母親は息子を必死に育ててきた

寺内進容疑者の母親は、寺内進容疑者に関して気が短く物に当たったりすると話していました。寺内進容疑者は、かなり短気で暴力的だった。

terauchisusumu

高校時代の友人には他人に喧嘩を売っていたと言っていたので、トラブルも多かったはず。寺内進容疑者は高校を中退しています。そんな寺内進容疑者の母親はかなり苦労していたに違いありません。

父親が亡くなり寺内進容疑者の母親1人で育てています。仕事も掛け持ちしながら高校を中退した寺内進容疑者を必死に養い、寺内進容疑者の母親は朝から夕方まで働いた後、夜も仕事に出ていたのかもしれません。

そんな境遇が寺内進容疑者が夜で働くきっかけになった可能性も。寺内進容疑者の写真から寺内容疑者の母親を想像する限り、キレイな人だったのでしょう。目や鼻のパーツがはっきりして化粧映えする顔。

terauchisusumuhaha

着物姿の川野美香さん

寺内進容疑者の母親が夜の仕事をしていたのなら、川野美樹さんのようにラウンジでは人気の女性だった。息子は親に似ている人を選ぶことがあります。もしかしたら、寺内進容疑者が川野美樹さんに母親の姿を重ねたのかもしれません。

寺内進母親はシングルマザー愛情を注ぎすぎた

寺内進容疑者の父親は以前に亡くなったことが分かっています。寺内進容疑者の母はシングルマザーとして寺内進容疑者を一生懸命育ててきたのでしょう。

シングルマザーとして、寺内進容疑者に沢山の愛情を注いでいたのかもしれません。寺内進容疑者に問題があったとしても、ちょっとした事は目をつぶって可愛がっていた。

寺内進容疑者は、以前付き合っていた彼女にも嫉妬深く、女性関係になると何するか分からないところも。女性に対しての依存心はかなり強かったようです。

寺内進容疑者は、女性に対しての愛情のかけ方がわからなかったのかもしれません。

寺内進容疑者は大阪から1人で福岡に来ています。博多の中州で働きながら彼女もいなく寂しい思いもしていた。そんな時に川野美樹さんと出会い交際に。

シングルマザーの寺内進容疑者の母親と、働きながら子供を育てている川野美樹さんを重ねてた可能性も。寺内進容疑者は、愛情があれば多少のことなら許されると勘違いしていたのかもしれません。

寺内進母親『親には優しい息子』

terauchisusumu

寺内進容疑者の母親が、報道番組のニュースで寺内進容疑者について話していました。その内容は

その中で母親は寺内容疑者を「気は短いと思う」と明かした。どういう時に気が短いと思いました?と聞かれ「自分の思うようにいかない時や思いがうまく伝わらないとかそういう感じかな。人は殴らないけどモノにあたるかな。壁に拳をあてるとか」と話した。引用元:スポーツ報知

他には、母の日に花を届けてくれる優しい子とも話していました。

寺内進容疑者の性格は、

・気が短い
・自分の思うようにいかない時、想いが伝わないときに気の短さをだす
・人は殴らないけどモノに当たる
・壁に拳を当てる
・親には優しい

短気で人を殴らないけど、モノにあたる寺内進容疑者の母親は話しています。普通にちょっと気の短い人なら分かりますが、モノにあたるか壁に拳を当てると言っていましたが、当たるだけで済むのでしょうか。

寺内進容疑者は子供の頃ボクシングを習っていたこともあり、本気で人を殴ったりしたら大怪我することはわかっていたのでしょう。寺内進容疑者は、学生時代はシャドーボクシングをしながら周りを威嚇しているようでした。

同級生「場を盛り上げるのは上手でしたよ。力は強い方でした。自分を大きく見せたいのかずっとシャドーボクシングしていましたね。(Qいつ?)授業中もずっとです。海に行った時は他人に喧嘩を売ることもありました」 逮捕の一報を耳にした時には「やってしまったか」と感じた一方で「不思議ではない」と語った。引用元:rkb

寺内進容疑者の気性の荒さは、学生時代からあったようです。寺内進容疑者の学生時代に関して母親は話してはいませんが、寺内進容疑者と一緒に住んでいたことを考えると問題も沢山あったのではないかと思います。

寺内進容疑者の母親のインタビューの違和感

寺内進容疑者の母親のインタビューを見ていた人たちはこんなコメントがありました。

terauchisusumu

この放送を見ていた。親には優しい息子って言っていたが、ほとんどの子供は親には優しいのが当たり前。また別番組で、中学・高校の同級生がリーダーシップのある奴だと述べていたが中学・高校の頃と31才の現在とは様々な経験をして性格は変わっているのだろう。他の事件でも中学・高校の同級生にマスコミが話を聞くことが多々あるが、意味のないインタビューだと思う。
terauchisusumuhaha
初めは他人事のような話ぶりだったのに一点号泣。号泣するほど申し訳ない気持ちがあるのなら、初めからそれなりの言葉遣いをすると思います。垣間見えるこの精神面の不安定さは、我が子を相手への愛情を過度に求める『不安型』に育ててしまう場合があります。子供はランダムに現れる親の愛情を逃したくないと思い、無意識のうちに他の人にも愛を求めるようになります。

terauchisusumuhahaoya

モーニングショーで寺内母親号泣してたのに、すぐ終わった

terauchisusumuhahaoya

視聴者から流すなって苦情の嵐だったからだろ、あの女は下◯
寺内進容疑者の母親のインタビューを管理人も見ていましたが、はじめは寺内進容疑者について話せていたものの、息子のしたことに号泣しながら、どうしていいのか分からなかったのだと思います。
管理人にも息子がいるので、同じ状況になったらどう対応したら良いのか、話したら良いのか分からずパニックになり泣いてしまうと思います。まだ状況の整理もできてなかったら尚更です。
もちろん、寺内進容疑者の母親として気の短い何か問題を起こすかもしれないと思いながらも、成人になった。親元から離れて立派に働いているからと願望に近い考えがあったのかもしれません。

寺内進母親の知らない息子の別の顔

寺内進容疑者の母親は、気性が荒く物にあたる性格と話していましたが、寺内進容疑者は別の顔も持ち合わせていました。

terauchisusumuhaha

寺内進容疑者が過去に働いていた飲食店の店長は、上の人間にはペコペコして二面性があるというかそういう感じ。と、寺内進容疑者は自分より上の立場の人には自分を出さずに入られたようです。

寺内進容疑者は自分がよく見られたいという気持ちが強かったのでしょう。寺内進容疑者は自分の本性を隠すようにしていたのかもしれません。

一方で寺内進容疑者は、女性関係になると周りが見えず、暴言を吐いたり家の前で待ち合わせをしたりなど、女性に対しての束縛がひどかった。

terauhisusumuhaha

寺内進容疑者の知人は、束縛の酷さに寺内進容疑者自身が悩んでいたと。寺内進容疑者は、自分でも歯止めが効かなくなっていたのでしょう。気性が荒く、物にあたると話していた寺内進容疑者の母親。

寺内進容疑者は、母親が思っている以上に気持ちのコントロールが効かなくなっていた。でも、そのことに母親は気づくことはなかったのでしょう。

寺内進は支配欲が強いモラハラ男

寺内進容疑者が相手に対して強く見せようとしている所、女性に対する束縛の酷さから支配欲がかなり強い人物ということがわかります。

支配欲の強い人の特徴は、

・自分の考えを人に押し付ける
・過度な束縛をする
・思い通りにならにとイライラする
・周りの人が離れていかないか不安になる

寺内進容疑者は、川野美樹さんに対しても自分が支配するように接していたのでしょう。川野美樹さんが別れたと言っても寺内進容疑者自身は『俺は別れていない』と言ってしまう所。

寺内進容疑者は、川野美樹さんに対して俺の言うことは絶対。俺からは離れることは許さない、とでも思っていたのかもしれません。支配欲の強さからモラハラ、精神的なDVを続けていた可能性も。

寺内進容疑者は、母親が言っていた”自分の思い通りにならないと物にあたる”と言っていたことから昔から支配欲の強い人間だったのかもしれません。

寺内進インスタ・facebook『嫉妬深さが怖い』

川野美樹さん勤務先はエステサロン『代表として美しさは必須』

waco通信 

コメント

タイトルとURLをコピーしました