事件

西村洋和会社はフォレストメンテナンス『粗暴な会社役員』長野茅野市傷害致死事件

nisimurahirokazu事件

1月6日に会社役員の西村洋和容疑者(48)が、知人女性(24)歳を殴るなど暴行をし傷害事件で逮捕されました。会社役員の西村洋和容疑者の会社について調査しました。

寺内進facebook『嫉妬深さが怖い』福岡博多駅殺人事件

西村洋和会社はフォレストメンテナンス

西村洋和容疑者は会社役員と報道されています。西村洋和容疑者の会社を調査していると、こんなコメントがありました。

nisimurahirokazu

ネイチャーなんとかって庭の会社はそうなの?
代表取締役がこいつで茅野市にあるけど

nisimurahirokazu

フォレストメンテナンス。従業員数10名。
西村洋和で検索すると長野県茅野市に不動産業を営む会社がありました。
nisimurahirokazu
株式会社フォレストメンテナンス 不動産事業部  代表者 西村洋和 住所 〒391-0301 長野県茅野市北山4035-2869
名前は西村洋和、会社役員、住所は長野県茅野市と報道されているところ一致し、西村洋和は会社の代表者なのでかなり同じ人物近いことがわかります。
茅野市の会社員で24歳の女性は、知人で茅野市豊平泉の会社役員、西村洋和容疑者(48)に今月5日の午後10時ごろから翌日の午前4時40分ごろ、素手で殴るなどの暴行を受け、意識不明となっていました。引用元:NHK
西村洋和容疑者は、茅野市豊平泉の会社役員。フォレストメンテナンスの登記変更の履歴を確認しました。すると、現在の住所の前は西村洋和容疑者の住所である茅野市豊平泉。
nisimurahirokazu
登記の変更履歴 所在地変更 旧:長野県茅野市豊平泉 新:長野県茅野市北山4035-2869(391-0301)に変更
西村洋和容疑者が以前は自宅近くで会社を営んでいたのかもしれません。そして、フォレストメンテナンスのフェイスブックには、1月20日(金)に事業の廃止お知らせがありました。
nisimurahirokazu
お知らせ 1月末をもって、諸般の事情により弊社不動産事業を廃止する運びとなりました。 今までお世話になった売主様・買主様・ホームページを見ていただいた方々に感謝いたします。ありがとうございました。
ホームページを見てみると、物件の写真は一切なくなっていました。
nisimurahirokazu
西村洋和容疑者が事件を起こしたのが1月6日、その時点でニュースになり被害者女性は重体の状態、その後1月22日に被害者女性が亡くなりました。
事業の廃止のお知らせを考えると、西村洋和容疑者はこの間に会社を整理することにしたのかもしれません。

西村洋和48歳と女性24歳の関係性

西村洋和容疑者が茅野市のアパートの部屋で女性の頭を殴り、くも膜下出血を起こし重体。ただでさえ女性を素手で殴ることなんて許されない行為です。

しかも西村洋和容疑者は48歳、女性は24歳とふた回りも年齢が違います。2人きりで部屋にいたというのですが、どんな関係だったのでしょうか。調べていると、こんなコメントがありました。

nisimurahirokazu

知人の24歳会社員女性が死亡>>> 一発二発じゃ死なないのでは?恋人ならともかく知人?奥さんの手前とかもあるのか? もう犯罪臭しかしない

nisimurahirokazu

パパ活で金でもめたのかなぁ
24歳も歳の離れた女性と一緒にいた西村洋和容疑者。部屋で2人きりなので、どう考えても人にはバレたくないような事があったのでしょう。
パパ活していた女性との関係で金銭面で言い争いになり、カッとなって手を出したのでしょうか。西村洋和容疑者は会社役員、お金はあるはずです。その事を知って、金額の要求が高額になってきた可能性も。
女性はくも膜下出血で重体になり、亡くなっています。西村洋和容疑者の怒りは底知れず、何度も殴った事が考えられます。
西村洋和容疑者と女性がアパートにいた時間は、1月5日の午後10時頃~翌日の午前4時40分ごろまで。7時間もの間一緒にいて、暴行をしていたのならかなり憎しみが増していたのでしょう。
金銭の要求がエスカレートしてきた、西村洋和容疑者の奥さんにバラされそうになったなど考えると怒り、憎しみが溢れたのかもしれません。

西村洋和会社役員でマウントとり

西村洋和容疑者は女性を暴力を、何時間も殴っていることを考えると、会社役員として相当な態度をしていていたのではないでしょうか。

nisimurakazuhiro

どうせ建設業で俺は社長だ役員だってマウントとってる輩でしょ。

nisimurahirokazu

48歳の粗暴な会社役員。不動産屋を想像してしまう。

西村洋和容疑者は、48歳の会社役員。年齢や役職的に知らないうちにマウントを取ったり、プライドは高いことは考えられます。

西村洋和容疑者のような中高年男性のプライドについて調べていると、高慢なプライドというのがありました。

nisimurahirokazu
参照:東洋経済オンライン

『高慢なプライド』は、自分の有能性や支配力を過度に誇示しようとするために、脆弱な自我と不安、攻撃性を伴う。

西村洋和容疑者は、会社役員という高い地位の自分の支配力を示し、横柄な態度をしていたのかもしれません。攻撃性を伴うというのは、西村洋和容疑者の暴力的な一面とも同じです。

被害者の女性に素手で何時間も殴るなんて、絶対に許されないことです。会社では、西村洋和容疑者に意見する社員もいなかった可能性も。

管理人が働いていた職場でも会社役員のいうことは絶対でした。意見を言おうものなら、仕事をいつも以上にさせられ残業など嫌がらせを受けます。

小さい会社ならなおさら、少しの意見でも反発したと思われ職場に居づらくなることもありました。そんな会社役員のプライドを考えると、被害者女性が何か反抗したことでひどい暴力をしたという事が考えられます。

【追記】西村洋和フェイスブック

西村洋和容疑者のフェイスブックを調査しました。西村洋和でfacebookを検索すると、

nisimurahirokazu

同姓同名で西村洋和は2人いました。そのうちの1人は(株)フォレストメンテナンス 西村洋和。

西村洋和フェイスブックを見てみると、

nisimurahirokazu

フェイスブックのトップページのアイコンは、アフロ姿の人物。髪型はアフロやリボンなど書いた加工してる姿の写真です。本人と特定されていないので、モザイクにしています。

nisimurahirokazu

自己紹介 株式会社 フォレストメンテナンス造園、土木業
長野県茅野市在住 長野県茅野市出身

写真は風景写真が数枚で、ほぼ使用していない状態です。

長野茅野市傷害致死事件の詳細

・1月6日に48歳会社役員の西村洋和容疑者(48)が24歳会社員に暴行で意識不明の重体。
・場所は茅野市内のアパートの1室で2人きりだった。
・1月5日の午後10時ごろから翌日の午前4時40分まで、女性は西村洋和容疑者から素手で殴るなどの暴行を受けていた。
・西村洋和容疑者は自ら「女性を殴った」と通報。
・被害者女性は病院で治療を受けていたが、22日に亡くなった。
・西村洋和容疑者と女性は知人
・西村洋和容疑者と女性の間のトラブルは不明で現在調査中。

waco通信 

コメント

タイトルとURLをコピーしました